失敗しないための中古車購入の際のチェックポイント

一般の人にとって自動車というのはマイホームの次に高い買い物ではないでしょうか。少しでも出費を抑えようと中古車の購入を検討するのも一手ですが、問題は車の状態です。いくら安くてもすぐに使えなくなったり、修理が必要だったりするのでは本末転倒です。まず、大事なのは直接お店に行って車の状態をよく確かめることです。

特に死角になっている場所にキズやへこみがないかをよく確認しておきましょう。しかし、表面上はきれいな車でも内部に問題を抱えている場合がありますので必ず点検整備録簿を見せてもらい、大きな問題がないことをチェックしておきましょう。走行距離は10万キロがひとつの目安でそれを超えれば色々な問題が出てくると言われています。しかし、最近の車は丈夫なので年式が新しければ走行距離が10万キロを超えていてもそれほど問題はありません。

逆に年式が古いにも関わらず、走行距離が極端に少ない中古車はメンテナンスが行きとどいてない可能性があり、要注意です。また、途中でメーターが取り換えられている場合もあるのでメーター交換の有無は確認しておいた方が良いでしょう。車の状態をひと通りチェックして問題がなければ、実際に試運転をしてみましょう。変な音が出たり、ハンドルを動かしていないのに左右にずれ出したりする場合は深刻な異常がある可能性が高いでしょう。

ちなみにネットオークションを利用すると格安の中古車を手に入れることができる場合がありますが、試運転ができないために購入してから問題点が発覚するリスクがあります。利用する際は慎重に検討するのが賢明でしょう。名古屋の格安のレンタカーのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする