自動車運転には思いやりが大切です

自動車を運転する際に必要なことは何でしょうか。それは運転に関する正しい知識です。正しい知識がないと安全に走行することができません。道路標識や案内に関する交通法規に関してもしっかりと覚えておく必要があります。

しかし、知識と同じほど大切なことがあります。それは、思いやりを持って運転することです。自動車を運転する際は、その人の人格が出ることがあります。また、普段は冷静に運転できる人でも、時間がなくて急いでいる時やあせっている時、さらにはストレスを抱えている時は、つい運転があらくなってしまいます。

しかし、そういう時こそ冷静に思いやりを持って運転することが大切です。例えば、50キロ規制の比較的狭い道路を走っている時に、道路を小学生たちが通学しているなら、速度を落としましょう。ここは、50キロなのだから別に50キロで走ってもかまわない。と考えるなら非常に危険です。

それで、たとえ制限速度が決められていても、小さな子供が道路にいたり高齢者がゆっくりと歩いているなら、自分の権利を主張するのではなく、臨機応変に対応して思いやり運転をしましょう。さらに、思いやりを示せる方法は、自分の前に初心者マークや高齢者マークさらにはマタニティーマークの自動車が走っている時です。そういう人達はゆっくりと走行している場合が多いですので、クラクションを鳴らしてあせらせるのではなく、ゆっくりと安全に走れるようにしてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする