自動車の良し悪しとは

現在の日本では、自動車がかなり普及しており、各家庭にあるのが普通という時代になっています。隣りの中国においても、一昔前では、自転車で移動をしているというイメージがあったのですが、最近はいろいろなメーカーの車が走っているのが普通であり、発展を遂げてきた国々では、日常で使うのが一般的になっているようです。使い方で、とても便利に感じる自動車ですが、そのよいところやよくないところについて、考えてみることにしましょう。自動車のよいところは、やはりとても便利であることです。

毎日の生活で欠かせないものにもなっている場合もあるのですが、やはり、移動の手段として雨や雪、炎天下のときなど、どういった天候であっても快適に移動することができます。また、大きな荷物があったり、長距離などになってしまう場合では持ち歩くよりも楽です。また、バスや電車などが通っていないような僻地であっても行くことができたりするのです。公共の交通機関を使うよりも、ずっと所要時間を短縮できる場合もあります。

ですから、乗り始めるととても便利であるのです。逆によくない点として考えられるのが、環境へ負荷がかかってしまうことです。排気ガスなど問題もあり、かなり各メーカーでも配慮している自動車が出されているのですが、それでも大気汚染なども考えられます。また、所有するに当たり、個人の経済的な負担がかかることも挙げられるでしょう。

そして、車に頼りすぎることで運動不足になることもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする