自動車で減速時にニュートラルにした際の燃費

自動車を運転する方は誰もが気にするであろう燃費。その燃費を抑えようと日々運転しながらも燃費を気にしていることでしょう。燃費を抑えるテクニックとして、減速時にはニュートラルにして燃費を抑えるという方法があります。実際にやっている方もいることでしょう。

ですが残念ながら、この方法は効果がありません。自動車を運転する上で総合的に見ればマイナスの方法になります。まず、減速時にはATであれ、MTであれエンジンブレーキが効きます。エンジンブレーキの際は、実はガソリンの消費はカットされています。

厳密には少しだけ消費されていますが、ほとんど無視できるレベルです。逆にニュートラルにした場合、エンジンを回し続けるためにガソリンを消費し続けます。また、ニュートラルにするとエンジンブレーキが効かないため、不足の事態が起こった際に危険です。ある程度速度がある場合はニュートラルにせず、エンジンブレーキを効かせている方がガソリン消費量が少ないということです。

完全に燃料をカットしたい場合は、エンジンを切るしかありあせんが。しかし、エンジンを切ってしまうと、エンジンブレーキはもちろん、その他電子制御が一切効かなくなります。ハンドルは重くなる、ブレーキは効かなくなり、横滑り防止機能なども一切効かなくなります。非常に危険ですので絶対にやめましょう。

また、シフトチェンジの回数が増えると、その分トランスミッションに傷つけてしまうのでしないほうがいいですね。自動車を運転する際は燃費だけでなく安全性を考えても、ニュートラルで走行しないようにしましょう。24時間のレンタカーのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする