新しい自動車の買い方

自動車は人によって考え方が様々です。とにかく足になればいいと考える人は多少古い型の中古車でも平気ですし、車内で日常的に過ごす時間が多いので室内空間にこだわった新車がいいという人もいます。前者の場合はとにかく乗れなくなるまで乗るといったスタイルに対して、新車を好む人は比較的買い替える周期が早い傾向にあるようです。極端な話、車検の時期が来る度に乗り換えるといった感じです。

そしてそのことは自動車の新しい買い方が証明してくれています。これまでは新車を購入する際、予め銀行で自動車ローンを申し込んで融資可能な範囲内で買えるものを探す流れが一般的でした。もしくは、ディーラーが斡旋する消費者金融の融資で購入します。この場合は当然銀行から融資を受けた方が金利を安く利用できるため好ましいと言えますが、中には勢いで購入する人もいます。

そして昨今ではそのどちらでもない買い方ができるようになりました。厳密に言えば消費者金融からの融資になりますがかなり特殊と言えます。その買い方とは、例えば150万円の自動車だとすると、その半分の75万円だけを3年間かけて支払い、3年後に新車に乗り換えるかそれとも乗り続けるかを選択するという買い方です。乗り換える場合は規定に従ってディーラーがその自動車を買い取ります。

乗り続ける場合には残りの75万円を一括またはローンで支払うことになります。お気づきの人もいるかもしれませんがこの買い方では新車を半額、もしくはそれ以下の値段で乗ることができます。そして1番のポイントは、銀行で150万円の融資が受けられない人でも75万円なら可能性があるということです。新車を購入できるチャンスが増える買い方と言えるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする