これからの電気自動車の課題

電気自動車はこれからの自動車の主流になるのではないかと考えられていますが、課題がないわけではありません。ですから、その課題をクリアすることで、今よりもさらに多く普及することになっていくでしょう。なんといっても充電能力のアップが必要不可欠です。最近ではかなりこの能力はアップしては来ているのですが、ガソリンエンジンの走行性能と比較するとなかなか難しいものがあります。

いかに電気自動車が環境にやさしく静音性といったものがよくても、何度も充電をしないと使えないというのでは、実用性に向かないのです。特に走行中の電力不足というのは、すぐに充電をする必要があるので充電にかかる時間の短縮といったものも必要になってきます。充電時間に何時間もかかるようでは、実用性に向かなくなってしまうのです。ただ、これらは技術の進歩によって解決することが出来る課題といえますから、どんどんと技術が進化していけば、いずれは解決することになるかもしれません。

そうなると、電気自動車の魅力というものは非常に大きなものがありますので、普及している自動車はほとんどが電気のタイプになるといったこともありえるでしょう。ただ、最近では燃料として水素を使うタイプのものも開発されるようになっていて、まさに未来の車は多様化する気配を示しているといってもいいでしょう。燃料スタンドといったものが登場して、ガソリンを入れる車、電気を充電する車、水素を補給する車が混在するような風景が見られるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする