自動車には色々な形があります

車には様々な形があります。きっとセダンとかコンパクトカーという言葉を聞かれたことがあると思います。中にはどういう意味の言葉なのだろうかと考えることもあるかもしれません。車にはどのような形状があるのでしょうか。

例えばセダンと呼ばれるものがあります。これは、ドアが4枚あるもので、人が乗るところとトランクが別になっている形のものです。そして前後の出入り部分にピラーと呼ばれる柱があります。これをセダンと呼びます。

ミニバンとは何でしょうか。これは車高が高く、定員数も多く車内が広い車のことです。概ね7人以上の定員数をさして指してミニバンといます。ミニバンの多くはスライドドアを採用していますが、オデッセイのようにスライドドアを使用していないものもあります。

ステーションワゴンとはトランクの部分を上に持ち上げるタイプのもので、開口部がかなり広くなる自動車のことをいいます。荷物をたくさん積むことができますし、出し入れが便利ということで人気がある形といえます。ミニバンとの違いは定員数といえるでしょう。ミニバンは7人以上乗せることができますが、ステーションワゴンの場合は基本的に5人乗りとなっています。

コンパクトカーはトヨタのヴィッツやホンダのフィットのような形をしたもので、コンパクトな形の車をいいます。排気量は1500ccのものがほとんどで燃費が良く、維持費も安いという特徴のある自動車です。5人乗りというコンパクトカーも多いですが、人数としては4人までが最適といえるでしょう。オープンカーとは何でしょうか。

それは、屋根のない車で幌がついている車です。晴れた日には屋根をオープンにさせるということによって非常に気持ちの良いドライブを楽しむことができます。自動車には他にもいくつかの形があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする